花屋の早朝の仕事が辛い理由は?乗り切るためのコツなども紹介

花屋というと、多くの人が美しい花々に囲まれた華やかで素敵な職場をイメージするのではないでしょうか。しかし、その裏側には想像を超える辛さと過酷な労働環境が存在します。本記事では、花屋の早朝の仕事が辛いと言われる理由と花屋の早朝の仕事を乗り切るためのコツをご紹介します。

花屋の早朝の仕事が辛いと言われる理由

花の鮮やかさと華やかさに魅了され、花屋で働くことを夢見る人も多いでしょう。しかし、その裏側には想像を超える過酷な労働環境が存在します。以下では、花屋の早朝の仕事が辛いといわれる理由をご紹介します。

早朝に起きなければならない

店舗によりますが、花屋の仕事は早朝から始まることが多いです。一般的に、花屋は朝5時頃から店舗の開店準備に取り掛かります。この時間帯は街中がまだ静かで交通量も少ないため、スムーズに仕入れ作業を行えるというメリットがあります。

しかし、早朝から業務をスタートさせなければならないため、睡眠時間の確保が困難になるのが大きな課題です。睡眠時間が不足すると、業務中の集中力の低下やミスの増加など、さまざまな問題が生じる可能性があります。早朝から長時間労働を強いられる花屋の仕事は、肉体的にも精神的にも大変な面があるのが現状です。

プライベートの予定が制限されることがある

花屋の仕事は店舗によっては早朝から始まるため、自由な時間を設けるのが難しくなります。通常の9時〜18時の勤務時間とは異なり、午前5時頃から店舗の開店準備に追われることが多いためです。このような早朝からの勤務時間は、プライベートの予定を大きく制限してしまいます。家族や友人と過ごす時間を持つのが難しくなるだけでなく、趣味の活動にも支障をきたしかねません。そのため、花屋の従業員は自身のワークライフバランスを整えるため、さまざまな工夫をする必要があります。

朝から立ち仕事で疲労感がたまりやすい

花屋は長時間にわたる立ち仕事が多く、大きな負担となります。立ち仕事は重力の影響を強く受けるため、筋肉や関節に負荷がかかりやすくなります。また、繁忙期などは休憩時間が十分に確保できないこともあるでしょう。朝の開店準備や業務に追われ、ランチタイムを短縮せざるを得ない場合があるかもしれません。このように、休憩が取りにくい日もあるため、次第に疲労感が蓄積していきます。無理のない範囲で作業時間を調整し、こまめな休憩を取ることが重要です。

早朝の通勤が大変

花屋の早朝の仕事が辛いとされる大きな理由の一つが、早朝の通勤の大変さです。早朝から開店の準備に取りかかる店舗の場合は、通勤時間帯も早朝となります。通常の通勤時間帯と比べると、早朝の道路は混雑が少なく比較的スムーズに移動できるでしょう。しかし、一方で交通手段の選択肢が限られるというデメリットもあります。また、冬だと最も冷え込んでいる時間から活動しなければなりません。このように、早朝からの通勤はさまざまな負担があります。

早朝に行う花屋の仕事内容

花屋の朝は多忙で、さまざまな作業をこなさなければなりません。時間に追われ、体調管理も難しい中で、常に花の状態を新鮮に維持することが求められます。以下で、早朝に行う花屋の仕事内容を詳しく見ていきましょう。

仕入れ作業

花屋の早朝の仕事の中でも最も重要なのが、仕入れ作業です。仕入れ作業は店頭に並べる花材を、卸売市場や生産者から直接仕入れることです。店舗により異なりますが、仕入れ作業がある店舗の仕事は早朝から始まります。

通常、花屋の店主は午前3時頃に出勤し、まず卸売市場に向かいます。卸売業者と交渉しながら、その日の仕入れ品を選定していきます。品質の良い花材を適正な価格で仕入れるためには、卸売業者との強い信頼関係が不可欠です。

仕入れ作業だけでも4時間ほどかかります。仕入れ品の検品や整理、店舗への搬入など、細かな工程が存在するためです。早朝から長時間にわたる過酷な作業であることがわかります。

店主の熱意と工夫が、花屋の早朝の仕事を支えているのです。

店舗の開店準備

花屋では開店までにさまざまな準備を完了させなければなりません。まず、店内の掃除や陳列台の清掃から始まります。清潔な店内環境を維持することは、来店客の第一印象を左右する重要な要素です。次に、当日販売する花材の仕込み作業に取り掛かります。花材の水揚げや茎の調整、デコレーションなどを行い、魅力的な商品を店頭に並べる必要があります。

その後は、レジ周りの点検や在庫管理、POP制作など、開店に向けた最終チェックをします。特に、レジ機能の確認や金銭管理体制の整備は欠かせません。加えて、季節に合わせたディスプレイの設置や、店頭装飾の仕上げなども重要な工程です。

このように、花屋の開店準備には多くの工程が含まれており、限られた時間の中で確実に遂行しなければなりません。店長や主要スタッフが中心となって作業を進めますが、全従業員が協力して取り組む必要があります。

発注業務や出荷準備

発注業務や出荷準備は特に重要な業務です。まず、前日の売上や在庫状況を確認し、翌日に必要な花材の発注を行います。注文数や仕入れ価格を慎重に検討し、適正な発注量を決めることが重要です。次に、出荷準備として、注文に合わせた花材の仕分けや梱包を行います。店舗への配達や卸先への出荷に合わせて、時間通りに商品が出荷できるよう、効率的な作業が求められます。花屋にとって、これらの業務をスムーズに遂行することは、顧客への確実な商品供給と収益確保に直結するのです。

花屋の早朝の仕事を乗り切るためのコツ

華やかで素敵なイメージとは裏腹に、想像を超える辛さと過酷な労働環境が存在する花屋の早朝勤務。しかし、睡眠不足による疲労や集中力の維持、膨大な作業量など、心身ともに大きな負担が伴います。しかし、工夫次第で、早朝勤務の辛さを乗り切り、充実した仕事に変えることは可能です。以下で、花屋の早朝勤務を乗り切るためのコツをご紹介します。

生活リズムを整える

花屋の早朝の仕事を乗り切るためには、自身の生活リズムを整えることが重要です。早朝に出勤しなければならない花屋の従業員は、夜型の生活スタイルでは体調管理が難しくなります。まず、早寝早起きのリズムを身につけることが大切です。花屋の営業時間は、朝早くから夕方までの長時間に及ぶため、十分な睡眠時間を確保することが不可欠です。そのため、21時頃までには就寝して、起床時間は5時前後にするといった規則的なスケジュールを立てることで、疲労の蓄積を最小限に抑えられるでしょう。

また、早朝から仕事をこなさなければならない花屋の従業員にとって、朝食は体調管理の要となります。バランスの取れた栄養豊富な朝食を食べることで、集中力の維持や体力の回復が期待できるでしょう。さらに、適度な運動や入浴による身体的なリフレッシュも重要です。スキマ時間を使ってストレッチを行ったり、仕事後に入浴してリフレッシュしたりすることで、心身ともに良好な状態を保てます。

このように、早朝の仕事に備えて生活リズムを整え、十分な睡眠と栄養、適度な運動や入浴を取り入れることが花屋の従業員にとって重要です。

休息を上手に取る

勤務時間の合間に小休憩を設けましょう。店頭での接客や準備作業の合間に5~10分程度の小休憩を取り、ストレッチや軽い体操、水分補給などを行うことで、一息つくことができ、疲労の蓄積を防ぐことができます。また、週に1~2回程度は休日を設けることをおすすめします。休日を活用して心身のリフレッシュを図り、次の出勤に備えましょう。趣味の時間を持ち、家族や友人と過ごすなど、仕事以外の楽しみを見つけるとストレス解消にもつながるでしょう。心身のリフレッシュを怠らず、効率的な作業と体調管理に努めましょう。

体調管理に気をつける

花屋の早朝の仕事を乗り越えるためには、体調管理が何より重要です。疲労の蓄積を最小限に抑え、常に最高のパフォーマンスを発揮できるよう、以下のポイントに気をつける必要があります。

睡眠時間の確保早朝から長時間にわたる過酷な業務に備えるには、十分な睡眠時間の確保が欠かせません。できる限り7~8時間の睡眠を取るよう心がけましょう。
体力づくりのための筋トレ立ち仕事が中心の花屋の仕事は、足腰に大きな負担がかかります。定期的な筋トレを行い、体力の向上を図りましょう。
適度なストレス発散 早朝から長時間にわたる業務は精神的にもストレスが高まりがちです。同僚とのコミュニケーションを深め、趣味の時間を持つなど、ストレス発散の機会を設けましょう。

体調管理に気を配り、効率的な作業と心身のリフレッシュを両立させることが重要です。

ストレス発散する

花屋の早朝の仕事は肉体的にも精神的にも大変ですが、ストレスを適切に発散することで乗り越えることができます。

仕事の合間にコーヒーを飲んだり、同僚と会話を交わしたりするのがおすすめです。また、仕事後は趣味に時間を使うことで心を落ち着かせることができます。趣味を持つことで、仕事以外の楽しみが生まれ、心の充電ができるでしょう。

時にはリフレッシュのために旅行に出かけるのも一案です。近場の観光地に足を運び、非日常的な体験をすることで心の充電ができます。

このように、仕事の合間や休日にストレスを発散する機会を設けると共に、趣味を持つことが、早朝の過酷な仕事を乗り越えるための鍵となるでしょう。

花屋の仕事における魅力

華やかなイメージとは裏腹に、花屋の仕事は想像以上に体力と精神力を消耗するタフな労働です。しかし、その一方で、花を愛する人々に喜びや癒しを提供できる、かけがえのない仕事でもあります。以下で、花屋の仕事における奥深い魅力についてご紹介します。

花や植物に囲まれて仕事できる

花屋で働く人にとって、日々の仕事が植物に囲まれた環境で行えることは大きな魅力の一つでしょう。店内にはさまざまな種類の花々が飾られ、その表情を間近で観察できます。花屋は、色とりどりの花とその香りに癒されながら、お客様のニーズに合わせて花を選び、アレンジメントを制作する機会に恵まれています。また、花の生育状況を把握し、適切な管理を行う必要があるため、植物の特徴や世話のコツを学ぶことができるでしょう。このように、日々の仕事の中で植物の魅力に触れられるのは、花屋ならではの醍醐味です。

専門的な知識が身につく

花屋の仕事には、植物に関する豊富な専門知識が必要不可欠です。生産者から直接仕入れる際には、花の種類や品質、適切な扱い方などを熟知していなければなりません。例えば、主要な花の品種や特徴や代表的な品種の開花時期、生育環境、色合いや形状の違いなどを把握しておく必要があります。

さらに、花の鮮度を保つための保管方法や手入れ方法も習得する必要があります。花は非常に繊細な植物なため、適切な温度管理や水やり、切り花の扱いなどのテクニックが花により異なります。これらの知識がなければ、鮮度の高い花を提供することはできません。

また、季節ごとの花の入荷状況や価格の変動などを把握し、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応できるスキルも重要です。季節の花を提案したり、流行の花を仕入れたりするなど、豊富な知識が必要不可欠です。

このように、花屋の仕事には植物に関する専門性が欠かせません。日々の実践を通して、これらの知識とスキルを身につけていくことが花屋の魅力の一つでしょう。

デザインセンスやスキルが磨かれる

花屋の仕事は、デザインセンスやスキルを磨くことが非常に重要です。店頭に並ぶ商品の装飾や、注文を受けた際の花束・アレンジメントの制作など、常に創造性を発揮する必要があるためです。

日々の仕事の中で、花の色や質感、形などを見極め、巧みに組み合わせていくスキルが求められます。単に花を束ねるだけでなく、季節感や目的、受け取る相手に合わせたデザイン性の高い作品を作り上げることが重要です。

先輩たちから学び、一つひとつ試行錯誤を重ねることで、徐々にセンス及びスキルが向上していくでしょう。このように、花屋の仕事を通じて、デザイン力やクリエイティビティを高めていくことができます。

利用者の喜ぶ顔が間近で見れる

花屋の仕事の中でも最も喜びを感じられるのが、お客様の笑顔を間近で見られることです。花は人の心を癒し、幸せな気持ちにしてくれる存在です。そのため、お客様が自分の選んだ花束やアレンジメントに喜びの表情を浮かべるのを見られるのは、花屋にとって大きな醍醐味となるでしょう。

例えば、お客様が自分が作成した花束を受け取った際の嬉しそうな表情や、お客様から直接感謝の言葉をかけられるなど、さまざまな場面に立ち会うことができます。そうした光景を目の当たりにすることで、早朝から頑張って仕事をしてきた疲れも一瞬にして癒されるのです。

大切なイベントに関われる

花屋の仕事の魅力の一つに、大切なイベントに関われることが挙げられます。結婚式やパーティーなど、人生の節目や記念日に花を提供することは、花屋ならではの特権でしょう。

例えば、結婚式の装花を担当する場合、二人の大切な一日を華やかに彩ることができ、喜ばれる瞬間に立ち会うことができます。花屋は人生の節目に携わることができ、喜びや感動を共有できる特権的な立場にあります。早朝の過酷な労働を乗り越えられるのは、このような重要な役割が果たせることが大きな励みになるからかもしれません。

花屋プレミアガーデンでは求人を募集中

花屋の早朝の仕事は忙しく大変なイメージがありますが、花屋プレミアガーデンでは、辛さを最小限に抑えるための工夫がなされています。プレミアガーデンは胡蝶蘭や生花を通してお客様に特別な時間を届けるフラワーギフト専門店です。私たちは、経験・未経験問わず、花への情熱と礼儀正しさを持つ人材を募集しています。

例えば、フラワーデザイナーは9:00~18:30の間で(土日祝は17:30まで)シフト制になっており、早朝の勤務がありません。法人のお客様が多いため、法人様が休みのときや暮れと正月は意外とゆっくり勤務できます。福利厚生もしっかり整っており、夏休みや冬休みは最大5日まで可能です。以下で、現在募集中のプレミアガーデンの求人をご紹介します。

フラワーデザイナー

プレミアガーデンではお客様からのご注文に応じて、生花やプリザーブドフラワーを使ったアレンジメントを制作するフラワーデザイナーを募集しています。水揚げ、花の手入れ、アレンジメント、スタンド花、花束、ブーケ制作、接客、ラッピングなど、幅広い業務を担い、お客様の大切な想いを花に込めて形にする仕事です。また、未経験の方でも安心の3年で一通りの仕事を習得できる研修プログラムを用意しています。

フラワーデザイナーとして活躍したい方はこちら

フラワーデザイナー求人

電話受付

プレミアガーデンでは、お客様からのご注文やお問い合わせに対応する電話受付スタッフを募集しています。法人様や個人様からのお祝いやお供え、贈り物など、多様なニーズのご注文に対応し、お客様に最適な花ギフトを提案する重要な役割を担います。しっかりとサポートいたしますので、花や植物に興味があり接客業に挑戦したい方は、ぜひご応募ください。

電話受付等バックオフィスのお仕事希望の方はこちら

バックオフィス求人

配送ドライバー

プレミアガーデンでは、お客様からご注文いただいた生花やアレンジメントをお客様のもとへ迅速かつ丁寧にお届けする配送ドライバーを募集しています。開店・開業祝い、母の日、古希のお祝いなど、さまざまなシーンを彩るフラワーギフトをお届けすることで、お客様に笑顔と感動をお届けします。責任感と向上心を持って、お客様の大切な想いをつなぐ架け橋となる仕事です。

配達ドライバーご希望の方はこちら

配達ドライバー求人

WEBマーケティング

プレミアガーデンでは、ホームページやSNSの運営管理、ECサイトの商品登録・更新、オンライン広告の運用など、WEBマーケティングのスペシャリストとして活躍いただける方を募集しています。

主な業務内容は以下の通りです。

  • WEBサイトの企画・制作・運用
  • SNSマーケティング
  • オンライン広告運用
  • データ分析

プレミアガーデンで、花の魅力を世界に発信し、共に成長しませんか。私たちは、あなたのチャレンジを応援しています。

WEBマーケティングご希望の方はこちら

WEBマーケティング求人

まとめ

花屋の早朝の仕事は、確かに大変な点が多いと言えます。早朝から店開きの準備に追われ、疲労感がたまりやすく、プライベートの時間の制限や生活リズムの乱れから体調管理が難しくなる可能性もあります。しかし一方で、花に囲まれて仕事ができる喜び、専門知識を身につけられる機会、デザインセンスの向上などプラスの側面もあり、多くの魅力があるのです。早朝の仕事を乗り越えるためには、生活リズムの調整や休息の確保、ストレス発散などの工夫が大切です。早朝の仕事を乗り切るためのコツを押さえることで、花屋の仕事の喜びを最大限に感じられるはずです。

花屋プレミアガーデンでは、フラワーデザイナーや電話受付、配送ドライバー、WEBマーケティングなどの求人を募集しています。花の魅力に惹かれているものの早朝の花屋の仕事に不安がある方は、ぜひ応募を検討してみてください。

興味がある場合は、下記エントリーフォームより応募してください。

採用エントリー | 株式会社プレミアガーデン 採用サイト

Recruit